ファイナンシャルプランナーがおしえるお金の話

ファイナンシャルプランナーオフィス Conserve&Investment 意味は「節約と投資」になります。この2つはお金の問題を解決する大きな力になります。 お金に関する問題をファイナンシャルプランナーが丁寧に回答・提案をいたします。

生活に密着した記事の作成や相談を行っています。お気軽にコンタクトしてください。

FPオフィス Conserve&Investmentについて

主な事業内容


大事なお金を守り・増やす資産運用計画

公的年金制度や医療保険制度
民間保険制度の効果的な利用方法
マイホームをはじめとした各種不動産の購入計画

また、これらに関連した記事の監修・執筆業務も承っております。

【主なお取引先】
株式会社ZUU
お金のミカタプロ
マネーの達人
ファイナンシャルフィールド
ほけんROOM
がん保険おすすめ.jp
医療保険ランキング.com
マネットカードローン
マネ会クレジットカード
マネ会カードローン
知っ得 ! カードローン


担当者連絡先
Conserve.investment@gmail.com


【記事監修】カードローン増額で限度額を引き上げる方法と増額審査に通るコツ

知っ得 ! カードローン様にて記事監修を対応させていただきました。

カードローンの限度額引き上げ審査に臨む際には準備が必要なほか、審査に通らなかった場合は減額などのデメリットが生じる場合もあります。
また、複数のカードローンを利用すると、万が一返済不能に陥った場合に行うことになる任意整理等についても障害となってしまいますので、利用は1社に限定することをおすすめします。

カードローン増額で限度額を引き上げる方法と増額審査に通るコツ

【読者の質問に回答】リタイア後で負担に感じる「火災保険料」「地震保険料」をどうしたらよいか

マネーの達人様にコラムを掲載させていただきました。

地震保険は火災保険とは異なり、保険金が時価で評価されるため、築年数が経過したマイホームでは保険金支払いの上限額が低くなります。
リタイア後の生活において火災・地震保険料の負担を抑えるにはどうしたらいいでしょうか?


【読者の質問に回答】リタイア後で負担に感じる「火災保険料」「地震保険料」をどうしたらよいか

ウィズコロナ時代のマイホーム購入 「住宅ローンリスク」への対策

マネーの達人様にコラムを掲載させていただきました。

2020年は、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的流行により、収入に関して大きな影響が生じ、住宅ローンの返済にすら事欠く事態が頻発しました。
パンデミックに起因した景気後退の波は、今後もしばらく続くと予想されますが、住宅ローンを利用したマイホームの取得は時間的制限もあるため、延期し続けるにも限度があります。
ウィズコロナ時代のマイホームの取得はどのような点に気を付けて行っていくべきなのでしょうか。

ウィズコロナ時代のマイホーム購入 「住宅ローンリスク」への対策

知らないと損!?損しない為の在職老齢年金の仕組みについて

ファイナンシャルフィールドさまに記事を書かせていただきました。

定年退職後も再雇用によって働くことで、年金と勤労による収入を併せ持つことが身近となってきました。こうした場合、在職老齢年金の対象となり、一定額以上の勤労収入を得てしまうと年金が減額されてしまいます。制度変更が議論されている在職老齢年金の仕組みについて知っておきましょう。

知らないと損!?損しない為の在職老齢年金の仕組みについて

「貯蓄」と「保障」を両立できる「財形保険」の特徴

マネーの達人様にコラムを掲載させていただきました。

預金金利の低迷により、サラリーマンの資産形成を助ける福利厚生制度である『財形貯蓄』の影がすっかり薄くなってしまいました。
しかし、財形貯蓄で利用できる生命保険『財形保険』はユニークな特徴があります。

「貯蓄」と「保障」を両立できる「財形保険」の特徴

子育て世代が接する機会の多い「育児休業給付金」について解説

ファイナンシャルフィールドさまに記事を書かせていただきました。

雇用保険の給付金のひとつに、子供を養育するために休業した場合に所定の年齢まで給付金が貰える制度があります。
受給要件には、正社員などの無期雇用契約者と契約社員などの有期雇用契約者で異なっているなど、条件の満たし方や、支給額・給付期間などについても解説していきます。

子育て世代が接する機会の多い「育児休業給付金」について解説

損害保険は「契約している保険金額 = 支払われる保険金額」ではない 評価、算出方法をしっかり確認

マネーの達人様にコラムを掲載させていただきました。

損害保険の保険金は生命保険の保険金とは異なり、その金額が必ずしもそのまま支払われる訳ではありません。契約内容によっては時価で保険金が支払われる場合もあります。新価と時価の違いをしっかりと把握し、適正な価格で保険金を契約することが保険料節約の近道となります。

損害保険は「契約している保険金額 = 支払われる保険金額」ではない 評価、算出方法をしっかり確認

新社会人の疑問 「延長保険、払済保険ってどんな保険?」

ファイナンシャルフィールドさまに記事を書かせていただきました。

貯蓄性のある生命保険を利用している場合、保険料の支払いが困難になってしまう場合があります。
そうした場合、保険を解約してしまうと解約返戻金が大きく目減りしてしまうケースもあります。
保険料の負担なく保険契約を継続できる延長保険・払済保険の2つの制度について解説していきます。

新社会人の疑問 「延長保険、払済保険ってどんな保険?」

「名義預金」は相続の対象 よかれと思ってやっている「孫や子ども名義の預貯金」の注意と解決策

マネーの達人様にコラムを掲載させていただきました。

相続の際に問題になりやすい、『名義預金』について解説しています。
一定の要件に当てはまる場合は、名義人ではなく口座を真に管理している方の資産とされるため、名義が異なるからと相続財産として申告しないと税務調査や追徴課税の対象となってしまう恐れがあります。

「名義預金」は相続の対象 よかれと思ってやっている「孫や子ども名義の預貯金」の注意と解決策

20代・30代・40代・50代別に考える本当に必要な保険ってなに?

ファイナンシャルフィールドさまに記事を書かせていただきました。

ライフステージ毎に警戒すべきリスクは変化していきます。
今回は年代別に発生する可能性のあるリスクとそれに対する保険の利用方法について解説していきます。

20代・30代・40代・50代別に考える本当に必要な保険ってなに?

小規模事業者(個人事業主など)の資産運用 公的制度を優先しリスクに備える

マネーの達人様にコラムを掲載させていただきました。

個人事業主などの小規模事業者にはリタイアや各種リスクに備えるための公的制度が整備されています。金融資産による不労収入の獲得や収入の複線化も魅力的ですが、まずは付加年金や小規模企業共済などの事業者ならではの公的制度を使ってリスクに備えてみてはいかがでしょう。

小規模事業者(個人事業主など)の資産運用 公的制度を優先しリスクに備える

フリーランスの老後に備える付加年金とは?年金制度の基礎知識を学ぶ。

ファイナンシャルフィールドさまに記事を書かせていただきました。

働き方の多様化によりフリーランス(自営業)という選択肢も広がりつつあります。定年退職などがないため、自身の才覚でいつまでも働き続けることができます。
しかし、その反面。老齢年金が基礎年金のみの場合は、リタイア後の年金額が不足する恐れもあります。
年金額を気軽に増やすことのできる付加年金を利用し、老後の備えとしてみてはいかがでしょう。

フリーランスの老後に備える付加年金とは?年金制度の基礎知識を学ぶ。

「駅近マンション」が修繕費不足に陥る理由は「駐車場」にあり。住民高齢化によるマイカー保有率低下リスクも

マネーの達人様にコラムを掲載させていただきました。

修繕費はマンションの資産価値を維持する上で重要な経費ですが、居住者が負担する以外にもテナントの収入や屋上をアンテナ基地局などで開放するなどして様々な方法で修繕費の捻出を行っています。
その中でも駐車場は重要な収入源ですが、近年の免許返納の動きにより利便性に優れる駅近マンションは駐車場の利用者低下により修繕費の積立に影響を及ぼしてしまう可能性があります。

「駅近マンション」が修繕費不足に陥る理由は「駐車場」にあり。住民高齢化によるマイカー保有率低下リスクも

遺族年金の受給金額は実際いくら?何歳まで貰えるの?受給条件と計算方法を解説

ファイナンシャルフィールドさまに記事を書かせていただきました。

世帯の稼ぎ手の死亡は、生活を営む上で大きなリスクと言えます。遺された家族が困窮しないように、遺族年金が整備されています。
遺族年金制度には複数の種類がありますが、今回は遺族基礎年金と遺族厚生年金の2つに焦点を当て、支給対象者、支給要件、支給額の算出方法及び、支給期間について解説していきます。

遺族年金の受給金額は実際いくら?何歳まで貰えるの?受給条件と計算方法を解説

「iDeCo」の節税効果は侮れない 「住宅ローン減税」と併用した場合を具体例で試算

マネーの達人様にコラムを掲載させていただきました。

住宅ローン減税は、住宅ローンの年末残高の1%を原則10年間にわたり税額控除するため、強力な節税効果を有しています。
しかし、10年という限られた期間しか効果を発揮しないため、制度の終了に備えて別途節税策を検討する必要があります。
今回は過去に寄せられた相談を基に、住宅ローン減税とiDeCoの節税効果について解説させていただきました。

「iDeCo」の節税効果は侮れない 「住宅ローン減税」と併用した場合を具体例で試算

働けなくなった場合の備えとは?医療・介護・障害の公的扶助について

ファイナンシャルフィールドさまに記事を書かせていただきました。

病気やケガに起因する、休業補償や治療費への備え、また体に障害が残ってしまった場合の公的扶助として様々な公的サービスを利用することができます。
万が一の際に利用できる公的サービスの内容と差額ベッド代などの適用外の費用について解説していきます。
働けなくなった場合の備えとは?医療・介護・障害の公的扶助について

「子どもが生まれたら」1番最初に入る最優先すべき保険(生保・医療・学資)を考える

マネーの達人様にコラムを掲載させていただきました。

結婚などで家族が増えた場合、保険を利用してリスクに備えるのは広く知られています。
保険の種類は生命保険・医療保険・学資保険が想定されますが、優先順位などはあるのでしょうか?
過去に寄せられた相談を基に解説させていただきます。

「子どもが生まれたら」1番最初に入る最優先すべき保険(生保・医療・学資)を考える

「病気やけがなどにより収入が途絶えてしまった」 介護保険の仕組みについて解説!

ファイナンシャルフィールドさまに記事を書かせていただきました。

病気やケガによって働けなくなり収入が途絶えてしまった場合、短期的には医療保険や貯蓄などで収入を賄うことができますが、それらも恒久的に続くわけではありません。
就労不能が長期間続く場合に利用できる、介護保険や障がい者手帳の取得について解説していきます。

「病気やけがなどにより収入が途絶えてしまった」 介護保険の仕組みについて解説!

【読者の質問に回答】勤務先の「年末調整の誤りが源泉徴収票で判明」した場合 是正の手続きは3通り

マネーの達人様にコラムを掲載させていただきました。

年末調整は確定申告の手間を省いてくれるとても便利な制度ですが、人手が介在しているため、どうしても間違いが生じてしまいます。
年末調整のミスに気が付いた場合、気が付いた時期によって必要な手続きが異なります。


【読者の質問に回答】勤務先の「年末調整の誤りが源泉徴収票で判明」した場合 是正の手続きは3通り

管理人プロフィール


【保有資格】
2級FP
管理業務主任者
ビジネス会計検定2級

保険や住宅ローンなどの
ライフプラン相談の他
記事執筆や監修も承ります。


「まごころFP」登録中

まごころFP


本が出ました!
さとり世代が頑張らないでお金持ちになるたったひとつの方法
マイホームのダンドリ。 ファイナンシャル・プランナーが教える失敗しないマイホーム購入チェック。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索